-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-07-26 17:09 | カテゴリ:釣行記
 6月から度々ドッカンドッカンと降っている雨。今年はどうしちゃったんだろうっていう北海道。濁りや増水で厳しい河川も多い今日この頃。

 そんな中7月上旬の話。

 この日は曇り。2日前にリサーチしていた河川にゲストの方とニジマスを狙いに。増水気味の中、何とかトントンと釣って3時頃大物を狙いに最後のポイントへ。

 お、でかいの顔出した!チャンス!ってことで早速落ち着いて狙ってもらうことに。あれ?でも変な雲が近づいてきてる・・・。

 1回目魚がフライに空ぶり。あ~からぶった~!!なんてやってると急速に真っ黒な雲が僕らのほうに近づいてくる。遠くでは雷も鳴り出した。う~ん・・・

 あのでかい魚をとりたいゲストの方。とらせたい自分。でもここでタイムアップ。雷がどんどん近づいているし、雨も降り出してきた。
「とりあえずこれ以上雨が降ると濁りでダメだろうし、雷も危ないのであの雲がないところに移動しましょう。」ってことで車を走らせて数分。

 とてつもない豪雨と雷の嵐。しまいには凄まじい雹まで降ってきた。それはそれはもうバチバチバチバチと車のフロントガラスが割れてしまうんじゃないかってほどに。

 雹の嵐を数分で抜け出た後の車中の会話は「あのでかいやつ惜しかったね~、でもあそこでやめてて正解だったね!」

 時として自然は恐ろしいものになります。でもあの魚は惜しかったな~・・・

 もうそろそろ雨降り治まってほしいところです。たまらん・・・

resize1213.jpg

resize1212.jpg

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。